こんにちは!

 

実はここ最近

何も食べられず、何も飲めない

水すら吐く!

 

という日々を送っていました。

 

妊娠8週。

普通に考えたらつわりだし、

別につわりでもいいんですけど、

 

なんか違うのです。

体重が、1週間で4キロへりました。

でも

減った体重を見ながら、

喜んでる自分がいたのです。。。

 

『拒食やん!』

 

はっと我に返りました。

もちろん、つわりもあるんですよ。

でも、拒食症だったころの心理状態とすごく似てて

自分が恐ろしくなってギブアップ!

 

 

YOKOさんのセッションを受けることにしました、

 

 

今の状況をお伝えしたところ

YOKOさん、一言

『カンクンのエネルギーだね〜』と!

 

明日に控えたカンクンオーラハーモニーのエネルギーを

もろに感じ取って抵抗しているようでした。

 

 

どうもわたしは昔から

『幸せ』を選択するのが苦手。

 

苦労をしないと幸せになれなくて

また幸せになりそうだったから

自分に罰を与えるように、拒食になったようです。

 

エネルギーや意識の話を聞いて

『あとは私が幸せを選択するだけ』

という状況になっても

いつも決められないのです。

 

その原因が今回のセッションで明らかになりました。

 

 

スタッフのさえさん。

 

さえさんとは

過去世でも色んな繋がりがあって、

私は昔からさえさんをお慕い申しています。

 

(ブログに出てくるさえさんの画像を保存しちゃうレベル)

 

さえさんもいつもセッションには同席してくださるのですが、

 

そのさえさんが

過去世について話して下さったのです。

 

それは、

龍だった頃の過去世。

私はさえさんの子どもの龍でした。

 

(ここからは私が思い出した過去世)

 

さえさんは父親で、とても厳しかった。

私は父親に認めてもらいたくて、褒められたくて必死だった。

頑張っても、頑張っても、

大好きな父親を満足させることができない。

そんな事を思っていた気がする。

 

そんなある日、

私は誰かに殺されてしまう。殺される直前

そいつにひどい事を言われた。

『父親はお前の事を愛していないから来ない』

多分そんなようなこと。

 

私は暗くて深い闇に落ちていった。

 

 

ぶわーっとこの記憶が出てきて、

セッション中においおい泣きました。

 

その時の記憶はさえさんにもあって、

その時の記憶を話してくれました。

 

『本当はとても愛していたんだ』

『助けてあげられなくてごめん』

『辛い思いをさせてごめん』

『今世で見つけてくれてありがとう』

 

これをかきながらまたオイオイ泣いてる私。

当時怖かった記憶はなくて

 

『自分はしっかり愛されてた』

 

これを知ったこと

YOKOさんにハーモニーを歌ってもらったことで

記憶が昇華されていきました。

 

私はまだお腹に違和感がありました。

自分で見てみると、グレーの小さな爬虫類が

お腹に突っ込んで出てこない感じ。

 

それを伝えると

『その時の子どもの龍だね』とYOKOさん。

 

ハーモニーで、龍のこどもを大人にし、

暗い穴から出してくれました。

 

大人になった龍は、

とても綺麗な龍だった、とのことです。

 

 

このセッションが終わったあと、

体調がグッと良くなりました。

 

まだ気持ち悪いし、

あんまり食べられないけど

自分を痛めつけるように

吐くことはなくなりました。

 

私、つわりにこだわってる部分があったけど

そんな小さい枠に

私たちは当てはめることは出来ない!

 

そう思いました。

目標なんてなくていいし、

楽で、幸せでいい。

 

『幸せに生きる』

 

しっかり入れていこうと思います👍