以前の私は、

SNSなどの投稿が

子どもの事でいっぱいの人を見ると

 

『よその子なんて、全然興味ないよ〜。ちょっと迷惑』とか

『この人、生活が子どもでいっぱいなんだな・・・かわいそう』とか

 

なんとも失礼なことを考えていたのです!!

 

 

それがですね、

最近は、

自分の娘が

可愛くて可愛くて仕方ないのです!!

 

それに伴って、

友人の子どもも、我が子のように

可愛いくて仕方がないのです( ´ ▽ ` )ノ✨

facebookの投稿を見ては、

のほほんとしています。笑

 

 

以前の私は

余裕があって楽しそうにしている

よその親子に、嫉妬していたんですかね?

 

 

 

私は

『産前・産後セラピスト』と名乗っていながら、

PCに向かって仕事をしている最中に

娘が泣いたりすると

 

『この子がいなかったら、

もっと自由に仕事ができたはずなのに・・・』

 

と思ってしまう瞬間も、ほぼ毎日ありました。

 

 

もちろん、

娘のことはとっても大切です!

可愛くない、と思ったことは一度たりともありません。

 

 

 

でも・・・

娘が生まれた感動も忘れそうになるほど

 

日々、自分を追い込んで追い込んで

仕事をしていたのも事実です。。

 

そんな生活が続いていたのですが・・・

 

つい先日、

妊娠中からの目標であった

『マタニティ整体』

お客様に提供できるようになったことで

 

 

私は初めて自分自身に

100点満足の花マル💮をあげることができたのです。

(いやいや、もっと早く花マルをあげるべきだったんですけどね💦)

image

 

そうすると、あら不思議

 

今までよりも

娘が可愛くて、愛おしくて

もう食べちゃいたい!

(ちょっと食べちゃってる)

 

 

・・・と思うくらい

娘との生活が楽しくなったんです!!

 

 

 

例えば

台所でご飯を作っている最中に

 

『あっこ〜(だっこ〜)😭』

と今にも泣きそうになって寄ってくる娘に

 

『ちょっと待ってて!!』

とピシッ!と言うのではなくて

 

『はいはい、どうした〜?』

料理を中断して

ヒョイ✨っと抱っこできるほど

 

余裕を持って

娘と接することができるようになったのです。

 

お母さん自身が愛で満たされて

その溢れた愛を

子供に注ぐことができる状態が

『余裕』

なんだなと思いました。

 

娘と同じ目線で向き合えるようになったことで

今まで聞こえなかった

(聞こえていたけど後回しにしていた)

娘の心の声が

しっかりと聞こえてくるようになりました。

 

 

娘の心の声に従うと、

 

ま〜母親の生活(気持ち)が

楽なこと楽なこと。

 

そして、その声は本当にシンプル。

それをするだけでキミは満足なのかい!?

てなことが多いことが分かってきました。

 

私と娘の歴史でもあるこのブログに

新しくブログのカテゴリー

『赤ちゃんの心の声から考えるママの生活。』

を作りました。

 

主観的な一個人の考えですが、

いつか誰かの役に立てばいいなーと思います!

 

ぜひ読んでみてくださいね〜🎵

child

 

イラッとすることも

悲しくなることも

卑屈になる時も

もちろんあります。

人間だもの。(むつを)

 

生きていれば当然やってくる

喜怒哀楽を楽しみながら

 

お母さんたちも

赤ちゃんと一緒に成長していけたらいいなと

思います(^O^)

 

試しに一つ記事を書いてみました。

赤ちゃんが一番多く喋っている言葉は?