2/16(インフル2日目)の夜に

ちょっと気になることが起こりまして・・・

それは

 

激しすぎる夜泣き。

 

普段は全然夜泣きをしない娘が、

鬼でも見たかのように激しく泣くので

さすがにちょっと心配になりましたよ。。

 

熱はすでに下がっていたのですが

のけぞって、私を指差して

『こわいー!!』

というので、

 

寝ぼけているのか

はたまた幻覚を見ているのか。。

 

タミフルの副作用??

救急車?!

とも思ったのですが

 

痙攣をしているわけでも

目の焦点が合わないわけでもなかったので

もうしばらく様子を見ることに。

 

寝たり泣いたりを

2時間ぐらい繰り返したのですが

その後はスヤスヤと朝まで眠りました(^O^)✨

 

と、ここまでサクッと書いたのですが、

この日の夜が

とっっっっっても辛くてですね!

 

『こんなのインフルエンザなんて

可愛いもんじゃない・・・

 

インフルゴンザレスや・・・っ!

 

と思ったのです。

 

というわけで

ブログのタイトルが

インフルゴンザレス(強そう)になった次第です。

 

ただ、

いつもと様子が違ったのは確かなので

ちょっと調べてみました。

 

インフルエンザの薬

(タミフル・リレンザなど)について

副作用は、やはりあるようです。

 

発症後2日以内は

保護者は子どもから目を離さないように

との注意がありました。

 

厚生労働省のHPには

こんなことが書かれています。

 

タミフルと異常な行動の因果関係について、

疫学調査の解析結果のみから明確な結論を出すことは困難であると判断された。

 

タミフル服用の有無にかかわらず

異常行動はインフルエンザ自体に伴って発現する場合があることが明確となった。

 

つまり、

タミフルと異常行動の因果関係は不明

インルエンザだから異常行動が起こる

ということでした。

 

う〜ん。

厚生労働省のHPも

どこのデータなのか分からなかったし・・・

何を信じたら良いかわからないこの世の中。

 

今までは普通に

薬も飲ませていたけど

 

親がよく分かっていない薬を

子供に飲ませるのは

やっぱり良くないのかも・・・

 

と思い始めました。

 

安全と思われている

アロマやハーブも

 

使い続けたり、

使い方を間違えれば

 

毒にもなり得る。

 

薬も同様に、

メリット・デメリットを

しっかりと理解した上で

使用することが大切だと

改めて思いました。

 

あともう一つ、気になったことが。

 

娘の匂いがいつもと違う。

 

ほんのわずかなんですが、

消毒液みたいな匂いがします。

 

薬を飲んでいるからなのかは分からないし

だからと言って抗ウィルス薬を急にやめるのは

リスクがあります。

 

なので、このインフルエンザが治ったら

ちゃんと子どもが飲む・摂取するものには

注意しょう!

私もちゃんと勉強しよう!

 

と思いました。

 

それよりもまず、

風邪やインフルエンザにかからないように

もっと気をつけようと思います(^O^)💦

 

 

そんなわけで

昨日、今日は家でのんびりと過ごしました!

明日2/18日は再び小児科に行ってきます✨

 

登園許可証がもらえることを信じて・・・

image

 

 

 

 

 

みかんばっかり食べてます。